今日 訪問したのは、都内の 老人ホーム。
ここに 2600 × 900奥行 × 900高さ の水槽がある。
水量 約2t半。
違うよ。通常の単位と ・・・・・リットル じゃぁ なくて トン
 だよ トン。
CCF20121031_00000

でかい。 とにかく でかい  そして 広い。 
時々 魚が 迷子になって出てこられないことがある。  まさか?

濾過槽が 2000× 900 × 550  濾過槽もデカい。
もちろん、濾過槽は 弊店オリジナルNK式濾過槽だ。

そうだ、 今日は このろ過槽のオーバーホールだ。

で・・・・・・ 
その 大きな濾過槽に どれくらいの濾材が入っているかというと・?????あまり考えたくないけど。

270Kg。

この濾材を くまぱぱが すべて出す。 

だって 今日は くまぱぱが 濾材を出す担当。

濾材をあらうのは 種海水。

新海水で濾材を洗浄するのは あまりかんばしくない。
(新海水とは・・・・人工海水で溶いた作ったばかりの海水の事)

なぜかと言うと、溶いたばかりの人工海水は、PHも高めだし、自然界では考えられないほど 綺麗な・・・・・
・・・・いや綺麗すぎる海水なんだ。
だから、水交換には、向いているのだが、 濾材の洗浄に 使用すると、バクテリアがびっくりしてしまうのだ。

これが、弊店で 水槽から抜いたばかりの種水だ。↓
そうだよ、 濾材を洗うのは 種水だ。
(種水とは・・・・水槽から抜いた海水の事)
IMG_7635

濾材は この 種海水で

IMG_7640

 3回以上 洗浄する。 濾材がきれいになるまで・・・・。
IMG_7636

え だけど、 実際問題。 あれだけ(上記の写真)の ポリタンクだけでは、 27キロの濾材は洗浄できても、 270kgの濾材には 全く足りない。

でも・・・・・・・大丈夫、ご心配無用。ちゃんと500リットルタンクを別途用意してあるから。

どこにあるかって?
500リットルタンクは 車の中に隠してあるんだ。
542f9427-s


いや 別に隠す必要はないけど・・・・。

洗った濾材は 素早く 洗って 素早く濾過槽に もどしていく。↓ 
濾過槽に 濾材を、戻しても、戻しても あるある まだ まだ 一杯~~~い ある。

IMG_7807

なんたって 気が遠くなるような作業だ。↓
だって 約270Kgだよ。

前回の濾過槽の大掃除は2年前。
2年ぶりの濾過槽は お見せできないくらい 真っ黒くろすけだ。

かかった時間は、3時間ちょっと。
まあ まあ 早い方だ。 みんな頑張ったから。

濾過槽を洗うと 多少は白く濁る。
濁って びっくりしたのかな、大きめの魚は 皆 隠れちゃった。
CCF201210321_00000

明日の朝は、 お魚さんたちは、 水がきれいになって びっくりするだろうな。

「 なんだこりゃ、 超 水がきれい・・・・・」
「 はは~~~n ひょっとすると 濾過槽の掃除をしたな?」

てなことを 今頃話しているのだろうか?