今日は 池の掃除・・・・・ といっても、 弊店スタッフが行ったわけではない。

掃除を 行ったのは 本人。 
この方、 海水魚も 熱帯魚も 淡水魚も そしてそして 池で鯉も 飼っている。

IMG_4895

今時  こんな池をお持ちの 家はなかなか無い。
DSC_1987

というか こんな庭がまずない。 

DSC_1990

もっと言うならば・・・・ 庭など無いに等しいぐらい・狭い・
・いや いや いや 庭なんぞ ありませ~~~~n なんていう 戸建ても 沢山ある中
鵜やましい限りである。

今日は その池にいる 鯉を 小さなケースに 避難。
なぜなら、本日は 池の水を 大幅に入れ替えるからだ。

DSC_2000

それにしても 沢山いるね。鯉。
この ほとんどが 弊店で買った鯉である。 鯉の全部が弊店じゃないのが ちょっと 気にかかるところだが・・・・
そうなんだ、 海水魚専門店なんだけれど 弊店は 鯉も売ってるんだよ。

左にA4の紙が置いてある。 これで大体の 魚のサイズがおわかり・・・・・。
DSC_1992

この子が もっとも 古くからいる 主だそうだ。
DSC_1980

A4のサイズを 遥かに オーバー。
DSC_1979

でも、 ここまで 育て上げれるようになったのは、 下記のような 対策をしたからである。
DSC_2003

そう このように 竹を組み上げたものを、 池の表面に敷いたのが・ 良かった。

DSC_2015

この 竹柵が 無なかった時期は、 日に日に 鯉がいなくなっていった。

死んでいたわけではなく・・・病気が出ていたわけではも 無い。 とにかく 
・・原因不明ではあるものの、鯉が減って行く。

時には 池の鯉が ほとんど居なくなった日もあったらしい。

お客さん 曰く・・・・・ 「もし間違ったら ごめんなさい。」 と 前置きをしながらも・・・・・
「ある日 池の周囲から 複数の 獣の足跡を 発見した。 その 足跡の特徴や大きさを 入念に調べたところ ・・・・・
もしかすると・・・・ ハクビシンではないか・・・・・」

との事。

imgres

ハクビシンって 鯉を食べるの? 一般的には みかんや かき などの 果物を食い荒らし 深刻な被害が出ている・・・と テレビでは 見たことはあるけれど  魚を食べるのだろうか?

色んな 記述を読んでいると、 鳥や 鳥の卵などは 食べるらしい。 

ま このご時世 食べれるものは 何でも 食べてしまう それだけ、食糧難なのだ という事なのだろうか?

 そのことを 池の周りにあった 足跡は物語っているのかもしれない。

見た目 景観は は イマイチ と お客さん。 でも この竹作で 今では 元気に
鯉も育っているそうだ。

DSC_2003