2016年6月・・・・・のある日・・・・
かんたん槽 NK-90を 手にして  海水魚を初めて 飼育し始めた Aさん。
その時のブログは こちら
364eec96

上記の写真は その時の写真である。

早 半年を迎えて  かんたん槽 NK-90の調子の良い事。海水魚が ほんと 簡単に飼育できる。
そして そして 新たに 水槽を増設する運びとなった。

増設といっても 新規に水槽をセットするのではない。
今手持ちの かんたん槽NK-90に 増設するのだ。

その水槽は こちら
IMG_5034

 わお 細長い水槽である事。  水槽も増えたけれど・・・・・  娘さんも 増えた?
赤ちゃんが 半年で こんなに 成長するものか? 

もともと かんたん槽NK-90とは こんな水槽である。
418a63fe
 
左側に濾過槽スペースがあり・・・・右側が 魚の居住スペース。
もちろん セット時に左右反対に置けば 右側が ろ過スペースになるよ。 
セット例 ↓ (名古屋のお客様宅↓)

e1a86783

水をはると 
こんな感じ 
a112185d

そこに 今回の 細長い水槽を この様にセットするのである。↓
cats

かんたん槽NK-90のろ過室(左側)からポンプでくみ上げ・・・・・・・
今回の 細長い水槽に給水し・・・・・・
その水槽から溢れた飼育水が かんたん槽NK-90のろ過室(左側)に戻る
という シナリオである。
ここが その配管部分。

IMG_5035
この配管で 給排水をする。 だから 新水槽には ろ過システムは 一切ついていない。
かんたん槽NK-90の濾過に ゆだねる。

それだけの 濾過槽で大丈夫か? ・・・・・・ と  思うでしょう。

実は この水槽 魚だけを飼育するためのものではない。
 海藻を ふやし 海藻で ろ過をさせる。これを リフジウム水槽という。

 cats

海藻ろ過は 素晴らしい。 もっとも 天然の海は 海藻ろ過もしている。
海藻は 水中から リン酸 窒素などを 吸収し、 酸素を放出する。
そのため、 水中の硝酸塩を下げ、 溶存酸素量をふやす働きをする。

だから、 海藻を別水槽にいれなくても 本水槽内に入れる事で 飼育水の水質は向上する。
では なぜ 別の水槽に
海藻を繁茂させるのかと言うと・・・・・。
魚の中には 海藻を食べる種類が多々いる。 ヤッコ類や ハギ類が その代表である。
彼らは 特に海藻の新芽を食べてしまう。
新芽を食べられては どうしようもない。
で あるからにして、 魚のいない 別宅水槽の方が やはり 繁茂しやすいと言える。

また、 海藻が繁茂した水槽は 自然に プランクトンが発生し 生息し始める。
そうなると・・・・・・
普段は 生きたプランクトン もしくは 冷凍プランクトンなど 乾燥餌を食さない飼育が困難な魚類・・・・・・
例えば タツノオトシゴや マンダリンフィッシュなどが、
海藻が繁茂したリフジウム水槽では  自然に プランクトンが発生するので なんと 無給餌で 飼育できるのである。

 皆さんも 置くスペースがあるならば・・・・ 是非とも リフジウム水槽を お勧めしたいな・

海藻で 我々も お魚も 元気 元気 元気
くまぱぱでした。