ところで みなさん。 下記の表をみて これが 何を意味する表なのか? わかるかな。
左に 物の名前が並んでいる。 右には 小数点交じりの数値が並んでいる。


松  0.593 
杉  0.433 
樫  0.944 
桧  0.481 
桐  0.288 
栗  0.626 
桜  0.673 
象牙  1.83 
革  0.96 
砂糖  1.61 
燐  1.77 
塩  2.13 
鉛  11.43 
亜鉛  7.21 
ニッケル  8.69 
アルミ  2.68 
金  19.32 
白金  20.34 
銀  10.51 

もう わかった方 数十人はいるでしょう。
表の上のほうにある 樹木の数値は 小さく・・・・・・
下のほうの 金属の値は大きい・・・・・・・

そうだ、 これが ものの比重値だ。
以前も 何回も このブログで触れたのだが・・・・・
比重は 比べる重さ・・・・。

為替もそうだが、 基準となる通貨があって 現在は ドル 
この 1ドルにたいして 
円が115円 
ユーロが 0.934ユーロ (1月29日現在)

となる。

比重も同じで 基準は ”水”
水にたいして どれだけ 軽いか 重たいか
だから 樹木 

松  0.593 
杉  0.433 

のように

1より小さい つまり 小数点 の数値のものは 水に浮く。
1以上のものは 水に 沈む。

同じ 水に浮く 松、杉 も 数値を比べれば
松より スギのほうが軽い事も わかる。

 この比重・・・・・・・
同じ物であっても 温度によっても変化するは 皆さんもご存じ?  だよね 

例えば 中途半端に温めた お風呂のお湯

cats2
 
水面近くは暖かくても 底は 冷たい
って 記憶が皆さんもある と思うけど・・・・ 

 それは・・・ 
温められた水は 膨張するからだ・・・・。膨張すると軽くなる????

例えば 塩水で考えると・・・・

下記のように 

下記の水に 10gの塩か溶けていたとしよう。
cats
 
このように 塩水自身の容積は増えたが・・・・
 溶けている塩のグラムは10グラムと・・・・変わりないので
比重が薄くなる・・・・・・ つまり 軽くなる・・・・・ということだ。
 
夕べ 飲んだ 味噌汁は 丁度良い塩加減ても・・・・朝 昨夜の残りの冷えた味噌汁を一口のむと
辛い・・・・のは そういう  わけだ。

というように 水は 水温が上がるほど 比重は軽くなる。
?あれ

氷は 水に浮かないか?

浮くよね・・・・・氷は 水より軽いのか?????
 
と 疑問におもった くまぱぱは 調べちゃいました。

水の 水温変化における比重表です。

 


水の比重  
-13 0.99693 
-10  0.99794 
-5  0.99918 
0.99987 
0.99993 
1.00000 
0.99997 
0.99988 
10  0.99973 
20  0.99823 
30  0.99568 
40  0.99225 
50  0.98807 
60  0.98324 
70  0.97781 
80  0.97183 
90  0.96534 
100 0.95838

驚いたことに 水は 4℃を中心に 水温が上がっても 下がっても 比重が軽くなっていく性質がある。

その 4℃の時が 比重が1.00000 なんだね。
くまぱぱも 知らなかった。

 じゃyんじゃん

▲日海センターのホームページこちら⇒ 

▲日海センターのオンラインショップこちら⇒