こちらが タワー型濾過槽jr である。
この様に配管する。

IMG_5472

塩ビ配管は、 熱をかける事によって、曲線に曲げることが出来る。
だから 工夫次第で いろんな配管が実現できるというわけだ。
IMG_5473

熱は ガスコンロで やっている。ガスコンロに火をつけて、塩ビ配管を回しながら 温めていく。
この時 配管を 回しながら 熱を加えること。
また 決して 火の中に塩ビ配管を入れてはいけない。火に近づけるように温める。
これらを 注意しないと  塩ビ配管が焦げてしまうから・・・・・ ね。
ま・・・・・
配管が 焦げても 使えるけどね。

タワー型濾過槽jrの特長は なんといっても、 サイド濾過・・・・
既存の水槽(60リットル以下)の横に 奥だけで 海水魚が 簡単に飼えてしまう。

IMG_5474

また ろ過槽から 濾過箱が 簡単に取り出せるので、メンテがしやすい。
硝酸塩を還元する装置 及び 殺菌ボール 簡易カルシウムリアクターも 
標準装備。

濾材は ALL ハイブリットボール。 
IMG_5475

説明を聞き入る お客様。
IMG_5476

メンテナンスについて 実際に やって 確かめている。
IMG_5477

なんたって 家についてから・・・・
あれ ここ  どうだったっけ とならないように 
念には 念をいれて・・・・ 実践しているんだよね。

ま 実際のところ 1から10まで 手順が びしっと 掲載してある 説明書が あるんだけれどね。

まぁ 説明書を 読まないお客様が沢山 いらっしゃる。
 何とかして 説明書を見ないで 早々に セットしたがるんだ。
そんな 難しい 漢字は 使ってないはずなんだけど。

さてさて、 ご機嫌で チーズ。 カシャ

IMG_5480

でもね。
通信販売のお客様は 説明書だけで  セットするんだけどね。

もちろん、 通信販売のお客様。
わからない所は じゃんじゃん 電話くださいね。
たっぷり、もういい・・・
ぐらい の 説明させていただきま~~~~~っす。

ご来店のお客様・・・・
 少しは 説明書 読もうね。あるんだから。