さてさて、めっきり 涼しくなってきた この季節。動くのは やっぱり 水槽や 濾過槽 などの設備。 増築 もあれば 現在の水槽の改良 改善ものための 設備投資もある。
はたまた 現在の水槽は そのままで 追加の新規セットにも いい季節なんだなぁ これが。

と言うわけで、
今回 こんな水槽がお客様の要望により 現実のものとなった。コンパクトながらも 遊びごころと 日頃の管理を 確かなものとする 周辺機器を含めたセットといえよう。

IMG_6701

水槽サイズは 450×400×330 少し上の方から撮影すると・・・
IMG_6702

何やら 水槽の周辺に 色々あるね。
まず 水槽の左側に設置されている物体は・・・
タワー型濾過槽。 水槽サイドに置く弊店オリジナルろ過槽である。

IMG_6703

そして 中央にあるのが リフジウム水槽 水槽の上に置く 別宅水槽。
本来 一緒に飼えない魚も ここなら 別宅だから 飼育できる。
また 海藻を繁茂させて、水質を浄化させたり、プランクトンを 発生させたりすることもできるおもしろい水槽が この リフジウム水槽である。

IMG_6704

右の黒い箱は 自動給水器
水槽の水が蒸発により 減ってきた場合に 減った分だけを、水槽に補充するための オリジナル装置である。
IMG_6705

海水魚の場合 蒸発により 飼育水が減ってくる事は・・・水位が下がってくる
事だけでなく・・塩分濃度が濃くなっていくことを意味している。
そのため、 この 自動給水器の中に 極力薄い海水をセットして置くのだ。
そうすることにより、水槽の飼育水が蒸発し 濃くなっても 超薄い海水が 補充されるため 水槽の塩分濃度はさほど 変わらいないように なる。

その他にも こんな水槽が 今 店頭にある。
まだ 配管等は していないが、

IMG_6707

900×奥行600× 高さ500。
正面は もち 幅900cm。
側面から見ても 60cm水槽と・・・いうわけだ。

今度、 病院の待合室にセットが決まっている水槽セット。待合室に置くので 色は おしゃれな アイボリー 。
これなら、診察待ちの時間も 楽しくなるね。

また 配管が出来上がったら、お写真を 公開できれば・・・・・ と 思っとります。はい。

■その他 水槽に関する記事は こちら