今日は なんたって シャコガイの話・・・・・
先日売り出され 発送した 特大 飾りシャコガイ 長手に70cmは あろうか
重さにして15~20kg は あったであろうか?

手からもその大きさが うかがえる。

04080859_58e827e14d355[1]

このような 特大サイズのシャコガイは まだ、 数点はあるかと思うけど・・・・・
このサイズのシャコガイって 何年物? か 知ってる?
つまり どれぐらいの寿命であったのか?

長生きする動物として 良く知られている ゾウガメ
download
ゾウガメは なんと 250年くらい生きている。

ウニの仲間も 凄い。ウニのなかでも アカウニという種類が これまた
sea-423789_960_720

200年以上 いきると 言われている。

哺乳類も負けてないぞ われら哺乳類 最大のクジラ・・・
humpback-79854_960_720

の仲間 北極クジラも  推定200年ほど 生きるといわれている。

実は この シャコガイも 高寿命では  トップクラス。
04080859_58e827e14d355[1]
大人でも 丸まれば すっぽり 殻に入ってしまうほど 大きな 大シャコガイ
長手に2メートサイズにも なる。
シャコガイの年輪測定は 実は シンプルな物。
貝殻には 見ての通り 年輪が入っている。
shell-1088984_960_720
それを 数えれば それで 済む。
大変だけどね 数えるの。
ま 誰かさんが 数えたんだって 大きなシャコガイ・・・・大シャコガイの年齢 なんと 400年以上 すげぇ。 
そして 素晴らしい。

400年前といったら あんな時代だったなぁ、 時は 江戸時代初期。
1024px-Kuniyoshi_Utagawa,_View_of_Mt_Fuji_2

その当時 最新の 漁獲網。 アミと 竹を組み合わせた 結構な大きさの 漁獲網だ。
さぞかし この時代は 沢山とれたんだろうね お魚が。
服装は 特に 漁師の服装とは 思えないけど・・・
ライフジャケットぐらい つけた方がいいんじゃない? 危ないよ。

ところで 話はもどり・・・・
最古の多細胞生物・・・・ つまり 単細胞生物が 君臨している大昔の海中で、 初めて 細胞同士が 引っ付いて、形をつくった動物・・・これが 海綿(スポンジ)だ。

800_18054

その中でも 南極海に高寿命の海綿が見つかったのは つい最近。
南極海の海底水温は マイナス0・2から0・8度。
海水だから マイナスでも 凍らない。
そんなところにいる生物は 低温のため 成長が著しく遅い。 でも成長する。そうだ  ゆっくりと ゆっくりと ただ 無駄に時間だけ伸ばし 成長するのだ。
また 海綿は 自身では 動かない。 エネルギー消費が 少ないのも 高寿命なんだろう。

そんな 南極海に生息する 海綿 推定1500年 生きているとされている個体が見つかった。

なんだそれ・・・・・

1500年前? えぇっと・・・ 飛鳥時代。その時代の写真か・・・・うわわわ
有るわけないよね。

じゃ 弊店にいる 美しいシャコガイを見て この話 お開きとしよう。

11042239_59fdc309a48d3[1]


11042245_59fdc49760fb3[1]

動画も どうぞ