というわけで、 かんたん槽1500が またもや 店頭に 顔を見せた。

IMG_7066

今回も 水槽の上には リフジウム水槽が設置されている。
IMG_7067

モーターは 一つで・・・水の 行き先が三つ。

一つは 本水槽
IMG_7068

一つは 硝酸塩還元BOX 

IMG_7074

そして もう一つは 水槽本体の2階にある リフジウム水槽。
IMG_7069

この 各それぞれへの水量バランスを 確認及び  調整 しておく必要性がある。
これが 硝酸塩還元BOXからの 排水。

IMG_7073

かんたん槽 シリーズの特長の一つ。
それは、ろ過箱が そのまま
IMG_7075

取り出せるので メンテナンスが簡単なのである。
IMG_7077

今回は 水槽だけではない。 水槽を置く台も 用意した。
IMG_7078

ベニアにも 塩ビ板を張り付ける。

IMG_7079

そして 今回は ベニアの角に印をつけ・・・
IMG_7080

それを 削り落としていく。
IMG_7082

こんな感じにだ。
IMG_7083

さぁ 出来上がり・・・・・・?

なんか ちょっと 変な形の台????  でしょ。

IMG_7084

台の 上と下で 幅が違う。

台の上は 1500ミリ・・・・・・ もちろん 水槽サイズが1500あるからね・・・・。
しかし 台の下は 1400ミリ・・・・・・
10cm 小さい・・・・ 
IMG_7086

さて、 納品。 納品? 
そう 今日は水槽セット・・・・・・・に お伺いするのではなく・・・・
悪魔でも 納品。

IMG_7118

お客様の車には 乗らない水槽サイズなので、納品だけ。
セットは ご自分で 行う。

さて、 納品。じゃyぁ~~~N。

これで おわかり? なぜ 台があのような形をしていたのかが・・・・。

1400ミリしか 場所がないけれど・・・・ 
何としてでも ・・・・・1500のかんたん槽を 置きたい・・・という お客様の わがままが・・・
台をこんな形に 変えてしまったのだ。

硬い 鉄骨アングル台より お客様のわがままの方が 強かった という 事? 
なんだろうね

IMG_7121

でも・・・ むちゃくちゃ 良くない? 
だって だって 無駄なスペースが 全くない。どんぴしゃり。
これぞ オーダーメイド 水槽そうだけど  台もオーダーメイドだ。

実は この水槽を置いた場所・・・・・・。
1階と 2階を結ぶ 階段の踊り場なんだって、

水槽を反対方面 つまり リビング側からみると・・・こんな感じ。
お客様の視線の先に 水槽がある。
IMG_7123

確かに・・・ さらに上がっていく階段が見える・・・・。
なんとも 贅沢なスペース。 まさに ここの場所は・・・
この家庭にとって・・・ 
階段の踊り場・・・・・・ではなく・・・・
海水魚の泳ぎ場・・・・として 
今後も 大活躍していくのであろう。

後日 お客様から 水槽セット後 生体が入った後の お写真を 頂ける・・・・との ことなので・・・そのときまで 待つとしようかな。