やっぱ 今年の汚れは 今年のうちに・・・・・

という事もあって、水槽も
新年は 新年らしく 新年を迎えさせてあげたい。・・・・

IMG_7172

そこで 新年に向けてのお掃除の一つ・・・・・をご紹介・・・。
底砂を 交換しちゃうのだ。

お魚を 取り出す必要はない。 レイアウトも 取り出す必要はない。

まずは 入念に 底砂から・・・・
IMG_7191

汚れを ホースポンプで 抜き出すのだ。 いわゆる 毒抜きする。
IMG_7192

そしたら 底砂を 細かいネットで 掬いだすのだが・・・・ その前に・・・・
魔法の添加剤 フコイダンを 水槽水量に合わせて 投入・・・・・・。
フコイダンを入れておくと 水槽が濁ったときにでも その 影響を最小限に抑えることができる。
IMG_7190

それから 底砂を取り出し・・・・
新しい 底砂を 敷く。
IMG_7176

すると この水槽が・・・・・・
IMG_7172

こんなにさっぱり・・・・
IMG_7203

この水槽も・・・・
IMG_7174

ほれ すっきり・・・・・

IMG_7204

このかんたん槽NK-90も・・・・
IMG_7173

ご覧の通り・・・・・
IMG_7202

底砂を交換すると 底砂が真っ白に・・・・すると 底砂が 照明を跳ね返し・・・・
一揆に水槽が明るくなる。
そして、 汚れの吸着効果もあがり
1時間もすると  なんとまぁ・・・・  水槽の透明度が 抜群に上がる・・・・。
濾過槽は 何もしていないのに・・・・。

底砂を交換する意義は ただ 底砂を白くするだけの事ではない。
そもそも 底砂とは 濾過槽の砂と同様 汚れをためる力を持っている。
ところが ろ過槽の濾材のたまった汚れは腐る事はない。なぜなら、 濾過槽内の濾材の回りは 常に水が循環しているからだ。
それに対し・・・底砂の周りの水が 大幅に動くのは、 先ほどの毒抜きの時 位である。

底砂を 掃除してくれる ハゼや エビ カニ がいたとしても、 底砂全体を 底まで 済み済み 掃除してくれるわけではなく  手つかずの所が いたるところに残る。

だから その1年分の腐りかけた汚れを取り出す 意義もある。

また もう一つの意義として、、、、
新しいサンゴ砂は 石灰がたっぷりあり、水質の維持・・・とりわけ PHの安定に 役立っている。 それ効果が サンゴ砂が 古くなるにつれ失われていく。

ま いずれにせよ  あたらしい砂で 水槽もリフレッシュ。
心もリフレッシュ、、、、、
そして リフレッシュで ワンダフルな年を 迎えられますように・・・

くまぱぱでした