弊店の クマノミの繁殖コーナーで じっくり 説明に聞き入っている奥様は、
弊店の通信販売のお客様 O様で、 現在 なんとか・・・ 1匹のクマノミが 1cmを超え 無事育っている。 
もちろん、第二弾 第三弾と 産卵は継続中で 今後の生育が楽しみだ。

その O様 たまたま 千葉県に用事があったため・・・・
IMG_7278

「ここまで来たのだから これは 行くしかない」と  東京のはずれ 町田市の 日海センターへ 千葉県から 足をのばし わざわざ 立ち寄っていただいたのだ。

IMG_7277

千葉県に来たから 足をのばして 寄った・・???・・ 一体O様は どちらから お見えになったのか?

四国 九州を合算しても 及ばない面積をほこる・・・
・でっかいどう・・・・ほっかいどう・・・
うわわわわ ありがとう ございます。またこの 極寒の中・・・?
いや この時期 北海道なら・・・最高気温が氷点下・・・・
東京は あったかい・・・・・ そうだ。

話変わって・・・ 昨年10月に  「発砲スチロール無しの梱包で 魚を輸入する」事に 試みた。

IMG_7282

その・・・今回第二弾。 
お分かりのように・・・ わざわざ この時期 この 寒い時期に 試みた。
IMG_7284

アルミ箔を張った ニュージーランド製の 段ボウル箱である。

IMG_7287

この箱 なかなかの優れもの・・・・ 暖かい。 くまぱぱの感覚では 発砲スチロールより 暖かいと思う。

IMG_7286

その分 お魚も 元気元気。

IMG_7289

こちらは 黒味の強い ペルクラクラウン。
IMG_7291

豆チョウチョウウオと ツノハタタテダイ達
IMG_7294

ピカピカ光沢のある イエローベリーダムセル
IMG_7295

コショウダイや ロングフィンスナッパー ヤイトヤッコ ハタタテダイなど・・・
IMG_7297

こちらは 大漁の ツノダシ スダレ ピクタス アミチョウなどなど

IMG_7300

チョウハン ソメワケヤッコ トゲチョウ スミレナガハナダイ・・・・
IMG_7301

センジュイソギンチャクと ゴンズイの群れ
IMG_7302

一風かわったお魚 ヒゲニジギンポ
IMG_7303

わかるかな? 135番の左から 顔をだしている ニシキアナゴ。
IMG_7305

定番のカクレクマノミも どっさり・・・。
IMG_7307

ゴミ問題の観点から・・・ 発砲スチロールは 今後 無くなっていく模様である。それに代わる、梱包材を 早期に試し、問題点はないか?・・・改良しなければならない点はどこだろうか?

これからも この 試みを 続けていこう。未来のために・・・