今 大変なことが 起きている。
インドネシア政府の内政混乱(といわれているが 詳細はわからない)によって インドネシアから輸出される サンゴ ソフトコーラル イソギンチャク類の 輸出そのものが禁止となっている。
これは 弊店も先週から 情報としては 把握はしていたものの、真相は把握できないままに今週に入り・・・・今回 弊店向けのサンゴ便が 突然の出荷キャンセルとなったことによって 現実のものとなった。

d0221436_2131547

突然そうなる・・・?????・・ 日本ではありえない現象だ。
仮に
そう 決まったとしても・・・・  半年後から実施予定 という感じで 決めるものでしょう。
今回のインドネシアの件は 政府の閣議で決まり 翌日に 各業者にその内容が通達され 即日施行されたというのだから  我々も含め 関係者は 驚きを隠せない。

09172324_59be858d47c63

自然保護を訴える 政党が 強行採決したという。
しかし、 サンゴや イソギンチャクの輸出がストップすれば・・・・
これまた インドネシア政府に 大打撃になるのは必至である。 
なぜなら サンゴや イソギンチャクの輸出は インドネシアにとって 外貨獲得の大きな産業の一つであるからだ。

 ブリード中のサンゴや イソギンチャクを在庫に抱えた業者は 困惑。
 輸出に 携わってきた人々や 漁師さんも 一気に仕事がなくなり  国内で大混乱が起きはじめているらしい。

日本国内でも いや 日本だけじゃない。世界が混乱しはじめている。
もう インドネシアから サンゴや イソギンチャクが出荷されないということは・・・・。
今はOKの サンゴ イソギンチャク出荷国も これを機に インドネシアに追従する可能性は否定できない。
追従しない場合、ライバル国が撤退する事によって 価格が上昇する懸念も想定される。

いやまだ  急展開する可能性も残っている。 つまり、サンゴや イソギンチャクの輸出が再開される可能性だ。インドネシア国内の大混乱を インドネシア政府は どのように沈静化していくのか?
今後インドネシア政府から 目が離せない状況が 続く・・・・。

くまぱぱでした