先日のこの くまぱぱのブログ で新感覚の造波ポンプのご紹介をした。
そして そのポンプに 潮の満ち引きのプログラムまでが インプットされている・・・・

というような お話もさせていただいた・・・・。

そこで 今日は あらためて・・・・潮の満ち引きについて 勉強しちゃおう。

潮の満ち引きは 月の引力と関係している・・・と いう事は 皆さんも ご存じ・・・・・

ちなみの・・・・本日7月25日東京の
満潮時刻は・・・・
2:29 と 16:41
干潮時刻は
9:35 と 21:49

つまり・・・・
午前2時半頃ごろ 満潮を迎えた潮は やがて 朝9時半には干潮になる。
その後 また 潮が満ちて来て 午後4時半過ぎにまた 満潮を迎え
夜10時ごろに 干潮を迎える。

下記が 本日から8月9日までの 実際の潮位グラフである。

capture-20180725-222208

さて、問題・・・・月は 地球の周りを 約1ケ月をかけて 一周している。
なのに 潮の満ち引きは 一日に2回ずつくる。 これ どういう事?

それは 地球自身が自転しているからだ。

そもそも 地球上に海がある。

1
その海水の分布量は 地球表面に均等に有るわけではない。
なぜなら 地球は1日1回自転しているため、

2
遠心力(回転に振り回される力)が発生してしまう。その遠心力は赤道付近が最も強くなるため、その付近に海水が集まってしまうのだ。

ここで 先ほどから お待ちかねの お月様に 実際に ご登場して頂きましょう。
パちぱちぱち
cats

お月様が地球の横に お座りになりました。 すると どうなる????
月の引力に引っ張られた 海水が 月の方に集まる 集まる・・・・
その一方で・・・・・
Bi Bi び~~~北極から中継です。
この状態を 地球の北極真上から 見てみましょう。
「北極上空にいる 北極カメラさ~~~~ん。」 

4

「は~~~い  お届けします。お月様が堂々と お座りになれていますね。
やや お月様が お座りになっている位置と 反対の場所にも 海水が集まりだしました。
これは どういう事でしょう。
もしかすると 彼らは お月様が お嫌いな 海水?????なのかもしれません。
以上 北極上空から お届けしました。」

はい 中継ありがとうございました。
と言うわけで・ 海水にも 月に引っ張られ 集まる海水と・・・・
月から逃げるように 離れていく海水とがあるようだ。

 月に引っ張られ 集まる海水は 理解できても
月から逃げるように 離れていく海水 とは どういう事だろう?

むむむ せっかく謎が解けたと思ったのに  謎が 逆に深まってしまい・・・・ 
さらに夜までも深まってしまったようだ。

もう 寝る。
でした。