と 言うわけで もうお分かり?

月に引っ張られる海水と 月から逃げるように 月の反対側へ 集まる海水の違い・・・・・。
これは 下記の図で 一目瞭然。

4
月の反対側の地上では 月の引力が 及ばず 本来の遠心力で 潮位が増している事になる。

また、先日ご紹介した 実際の潮位を見てみよう。
満潮と干潮の差が 日によって違う事がわかる。
例えば 7月30日ごろ 満潮時と 干潮時の差が激しい

capture-20180725-222208

一方 8月5日ごろは 満潮時と 干潮時の幅が減少している。
これが 皆さんも ご存じ 大潮と 小潮である。
上の図でいえば 7月29日から31日 ぐらいが 大潮と呼ばれていて
8月4日から6日ぐらいを 小潮と呼んでいる

この 大潮と 小潮がどうして起こるのか・・・・

これを ご説明するためには この方が居なくては まとまりません。

じゃじゃ~~~n 太陽様です。
月と地球との間に
 引力の関係があるのと 同様・・・・

太陽と 地球とのあいだにも 引力の関係があるよね。

月が 1ケ月をかけて 地球を周回しているわけだから・・・・
下記のように 太陽と 月と 地球が 一直線上にある構図が 1ケ月に
2回 現れる。

1
5

この場合、 太陽にも 月にも 遠心力にも 同じ方向へ 引っ張られるため 満潮時と 干潮時の差が激しくなる。
一方・・・・・

下記のような 構図も 月に2回ほど でてくる。
太陽と 月が 地球を軸に 直角に位置する場合である。

6

この場合 地球は 太陽にも 月にも 別の方向から引っ張られている事になる。
そうなると・・・もともと 月の引力のほうが 力が強いので 月の方面と 月の反対側に海水がたまるものの、太陽にも 引っ張られているため、 満潮時にしても 干潮時にしても 潮位の差が 少なくなる・・・・・と言うわけだ。

ここで また 変な 問題が くまぱぱの眼中に 浮かび上がってきた。
太陽より 月の方が 引力が強い?

そんなはず あるもんか。 月と太陽は どちらが大きいのか?
実際の 大きさを見てみよう。

7

 
太陽系最大の惑星 木星が この大きさなのに対し・・・・ 地球は どこ?
って感じだ。

月は と言うと・・・ あの ちいさな地球より さらに 小さい
こんな感じだ。

8

って ことは 引力の大きさは 星の大きさよりも 
星と星との双方の距離が近いほど 大きくなると いう事か?

だったら 地球は 月に に振り回されて そのうち 太陽の軌道から 外れてしまうのではなかろうか・・・・・・だって 月の引力の方が 強いんでしょ?太陽の引力より・・・

と いう事になる。