K様 お盆休みで唯一 夫婦で共に空いた一日

さて、 どこに行くか? どこへ 遊びに行こうか。
ご主人様 は 「広島に生きたい・・・・・」
「広島? そりゃぁ 遠い ここから 6時間もかかる・・・・それより 私は 東京へ行きたい 一度 日海センターに 行ってみたい」

「東京? 東京なら 4時間半 か? 広島より 近いが・・・・
でも東京に行くには 首都高が難問だ。 あの高速は危ない。 あんなとこ走れない。」

「いやほら ネットの地図で   日海センターは 東京でも 東京じゃないの ・・・・・首都高は 走らなくてもいいんだって、 」

と言うことで 話がまとまり・・・
三河ナンバーの愛車を走らせ 4時間半をかけて 無事 到着。

IMG_8743

弊店の水槽を 見入る・・・・s様ご夫婦

IMG_8738

そして 気になる商品の説明を 自分の耳で 直に聞きたいと・・・・
手にしていただいているのが・・・・ 弊店オリジナル光合成UP

IMG_8737

光合成UPは 命あるものの根源にかかわる大切な物質が 濃縮され イオン状態で パッキングされた商品である。

IMG_5735-1[1]

その  命あるものの根源にかかわる物質とは・・・・Fe つまり鉄である。

鉄がある事によって 光合成という 化学変化が 成り立っている。
・・・ 十分な光が有っても 二酸化炭素があっても もし 鉄が無かったら・
光合成は成り立たない。

という事は 鉄が無ければ 植物ブランクトンが発生しない。 植物ブランクトンがなければ 世に 酸素が放出されない。

動物プランクトンにとって 餌となる植物ブランクトン無く 酸素もない状態では 動物プランクトンは生まれてくることはできず・・・ 
動物プランクトンが居なければ、魚介類も発生できず
 魚から進化する 両生類 爬虫類 そして 僕ら 哺乳類も いなかった という事になる。

地球の生命体は 鉄のおかげ さまさま であると いえる。

この 地球上に豊富にある鉄 

しかし  唯一 地球上で 鉄不足に悩まされている 箇所がある。
そこは何処かというと 海洋である。

今 海の92パ-セントが 鉄不足海域に 陥っている。その鉄不足海域には 植物プランクトンは発生しない・・・ つまり 魚が住めない場所であり この様な場所が 海の砂漠 と呼ばれている海域である。

では 逆に 残りの 8パーセントに 魚がいるわけだが その 8パーセントとは どんなところか?
それは  大陸や 島の 沿岸区域である。 沿岸区域は 川から 鉄分が 常に供給されている

河川から常に鉄が供給されていても 海藻や 植物プランクトンに即 消費されて 海の大半 つまり 92パーセントは 海の砂漠 鉄不足海域に陥っているのである。

われわれの 水槽も 鉄テスターで測定すれば 一目瞭然 鉄分ゼロであることがわかる。
そこで 添加してほしいのが 光合成UP
と言うわけだ。 

光合成UPは 水量50リットルに 1プッシュいれるだけで 鉄が足りている8パーセント海域と同等の濃度(1ppm)に 鉄分を加えることが出来る。

しかし その 加えた鉄は 4日で ほぼゼロになることも 弊店の実験でわかった。
それほど 鉄は 光合成によって消費されていことがわかる。
そのため、 週二回ほど 光合成UPを添加して頂くことを お勧めする。

そうすると 光合成により 水槽内に大量の酸素が放出され 魚も元気になる事はもちろん 自身が光合成をする サンゴ イソギンチャク 海藻まで 直観的に皆 元気になっていく変化がみられる。 これが 光合成UPの 効果である。

その他 Kご夫婦様 が気になっている商品は
目に見えないほどの小さな泡の力で 殺菌までする ナノバブラー

LL_IMG_9734[1]

と その 交換用モノトランフィルム

05210956_555d2d46d8c43[1]

それと 先ほどから 気になっていた お魚 

IMG_8739

ニセモチノウオや その他 を 

05172222_55589615eb69a[1]

車に 積み込むころには もう お日様の姿はなく 真っ暗。
IMG_8742

 いや かえって 夜の方が すいてるかもね。

遠い所 ご来店 ありがとう ございました お気をつけてね 
ちゃんと 信号守るんだよ。

また 明日  ・・・・・は無理でしょ。 じゃ 明後日か?

また 時間のとれるときに ご来店くださいね。