さ~~~て 昨夜は マニラ便が入荷した。

IMG_9608

次々に 開封していく。 箱の中には 旅疲れの お魚ちゃんが 大勢いるからだ。
IMG_9609

段ボールの中には テープで ぐるぐる巻きにされた 発砲スチロールがある。
この ぐるぐる巻きのテープが厄介。お魚が待っているのに・・・・イライラ

IMG_9617

おお 開いた 開いた。 た~~~くさん いるぞ。

IMG_9610

この 袋に 1匹がはいっている。

IMG_9612

取り出していくと・・・・
IMG_9618

必ず ひと箱に 3~4個 魚が入っていない 袋が ある。
IMG_9615

取り出してみると・・・・なにこれ 魚の 入れ忘れ・・・・?
IMG_9616

魚が入ってもいないのに・・・・・ 酸素パックの時に 気が付くでしょ。 
確かに 同じような 小さい袋は沢山ある。

IMG_9619

でも 中には 必ず生体が入っている。

IMG_9620
IMG_9621

実は この袋 生体が入っていたのではない。
氷が入っていたのだ。 もちろん 今は それが 溶けた状態だ。
IMG_9616

今は 寒い寒い日本でも 年中夏の フィリピンでは 今日も 暑いのだ。 だから 氷付なのだ。

IMG_9622

さあぁ 開封開始。 ハサミで ちょっきん。

IMG_9625

おお 沢山の お魚たち。 長旅は 疲れたでしょう?
ここで 水合わせ・・・・・・・。

IMG_9631

ここから 弊店は もう一段 魚に対して 処理を行う。
IMG_9628

淡水浴だ。お魚みなさん つかれているとは 思いますが、 水槽に入る前に もうひと処理。
お魚を 真水に付け、、、 海から 運んで来るかもしれない 雑菌 寄生虫が 水槽に入らないように 水際で防止しているのだ。

IMG_9630

さぁ ようやく 水槽に入りますよ・・・・・
心の 準備は いかがですか?

IMG_9638
IMG_9639

ほっとしたのか キイロサンゴハゼ。
IMG_9640

ハタゴイソギンチャクも 良い状態
IMG_9641

お尻が 赤い LTイソギンチャク
IMG_9642

こちらを向いている 黄色い シテンヤッコ と そのバックサイドで群れている赤い ウイゴンベ。
IMG_9644

隅っこで 呼吸を 整えている ニシキヤッコ。
IMG_9646

疲れ顔から 少しずつ 笑み がでてきた ハリセンボン。
IMG_9647

先輩に ごあいさつしているか ナミダクロハギ。
IMG_9648

人影をみると すぐに隠れてしまう ハナグロチョウチョウウオ
IMG_9649

犬のような 顔つきの イヌフグ。 ドックフェイスとも アメリカでは 言われている。
日本も アメリカも 同じなんだね。 そんなに 似ているか 犬に・・・・確かに・・・。
IMG_9650

こちらは 超 珍しいハナダイの種類の フチドリハナダイ。
IMG_9637

こちらは お魚の お医者さん。クリーナーフィッシュ 博士。
毎日 お魚の健康状態をチェックし お魚を 病気から 守るぞ。
IMG_9653

今は インフルエンザが 大流行だから 助かるね。

その ホンソメワケベラに 見守られているのが、キンギョハナダイ。
特に マニラ便のキンギョハナダイは 赤みが強くて きれいだね。
IMG_9654

と 言うわけで 沢山 入荷しているから ぜひぜひ 会いに来てね 
お魚ちゃんが 待ってるよ。

くまぱぱでした。
■日海センター:オンラインショップは こちら