先日 お客様から・・・
「 1匹のカクレクマノミが  肌がうっすら 白くなってきて、死んでしまった。残りの もう一匹も なんか 泳ぎ方が 変。 なんか うちの カクレクマノミの病気かな?」
「ほかの魚は 元気ですか?」

「他の魚は 超元気。  エサも ばくばく 食べているんですけど・・・・・・これが 動画です・」
「なるほど・・・それって トリコディナーという 皮膚病ですね。 トリコディナーという病気は 淡水浴で 治療できますよ」

situmonn-sentaku9-18

上記の写真は 過去 弊店で撮った トリコディナーという病気の写真だ。
うっすら 背中が白いのがわかる。

ちなみに 淡水浴とは 弊店の ホームページ 
良くある質問 ➔ 海水魚の病気について ➔ トリコディナー病 に掲載されている。

本日 トリコディナー病の治し方(は上記のリンク先へ)については、上記のページにゆだねるとして、今回のブログでは 
なぜ トリコディナー病という病気になったのか? なぜ この子(カクレクマノミ)だけが 病気になるのだろうか。他の子にはかからないのだろうか?
と言う点に言及して お話しさせていただきたい。

なぜ トリコディナー病になるのいか の原因が わかれば・・・・あなたの水槽が
トリコディナー病にならない水槽になる事も夢ではない・・・、 仮にトリコディナー病になったとしても 1回の淡水浴で きれいに治ってしまう。

 

それでは トリコディナー病を引き起こしやすい 水槽とは・・・・
一言で言うと 
①水中に舞っている汚れが多い水槽
②水中に溶けている酸素量が少ない水槽である。

①については 苔掃除の際 水槽の水を濁らせてしまった・・・ということもあるが、 多くは 水流が強い水槽が大半だ。
水流が強い水槽とは 本来のろ過による循環以外に 波を造るポンプや 水流を増やすポンプを 増設している水槽の事。 過剰な水流は  水槽内に汚れが沈殿できない状態を つねに作り出してしまう。

②については・・・・
ろ過されてきた飼育水が 水槽に戻ってくる際の配管の位置。
IMG_0243

上記のように 水面の上から 注ぎ込まれている場合はOK
下の写真のように 水中に 注ぎ込まれている場合はNG

IMG_0244

ほんと この方法だと トリコディナー病 が出やすい。

これら ①と②は トリコディナー病 になりやすい魚だけの問題では無く、改善する事によって すべてのお魚の状態が 上向きになる。

うそだと 思って 実際に 実行すべし・・・
実行すれば・・・・・ 結果は でる。

くまぱぱでした