今日は プロホースエクストラS で 水交換の様子を 動画で 見ていただこう。

まずは 動画を チェック。
動画は ループ設定・・・・・・なので 永遠に 繰り返される。 大体見終わったら スクロールして 次の文を 見てもらえたら 幸いかな・・

こうやって 底砂に沈殿した 汚れだけを抜き取る事が可能だ。

「でも 汚れだけ取っても 水も それなりに 交換してあげないと 水も 水槽も きれいにならないし、お魚も 息苦しいよね。」

と 思っているあなた・・・・・。 実は くまぱぱは そうは 思わないんだなぁ・・・・・。
底砂の汚れを 取るだけで 水は交換しなくても それは それは 水槽は ピカピカ きれいになるんですよ・・・・・。

というのは・・・・・
例えば お部屋のお掃除と 水槽のお掃除を 兼ね合わせて お話しさせていただけると わかりやすいので お話しを 勧めさせていただきたい。

水槽の 水交換・・・・ これは お部屋のお掃除でいえば・・・・空気の交換に相当するといえる・・・・これも お掃除といえば お掃除だが・・・・ やはり 掃除機や モップ 濡れぞうきんを つかって お掃除しない? 
この三つ掃除方法 共通点がある。すべて 沈殿物を 掃除している事になる。掃除機で床に落ちたゴミ モップでソファー下のほこり 濡れぞうきんで テーブルの上の汚れおとし・・・・・などなど・・・

例えば お部屋が 臭っていたので お部屋の空気を 全取り替えした・・・・・・・
当然 臭いは 消えるよね・・・・・・一時的には・・・・・・
窓を 締切れば・・・・・・ 再び臭ってくるのは 必至である。

なぜならば、臭いの根源は 空気中に あるのではなく・・・・・むしろ 沈殿しているも 或いは 何かオブジェに あるのではないか?
「なんだぁ この カーテンが臭ってるんじゃん」 とか 「 ベットの下に なんか あるぞ・・・
これいつのバナナだぁ。 腐ってる? とか」 ・・・・・・

逆にいえば・・・・・ それらを 発見し 処理(お掃除)してあげれば・・・・・空気を入れ替えなくても 臭い取れんじゃん。

というわけで お部屋の空間に広がる 空気のみを交換・・・・ 水槽の空間に広がる 水のみを 交換しても ほとんど 効果は 無い と 言わざる負えない。

むしろ 水槽のお掃除の際 くまぱぱは こう考える。
「とにかく プロホースエクストラsを 使って 底砂に沈殿した 汚れのみを取り出したい。しかし、それを行うのに 必ず 水も ぬき出さなければならない。
飼育水が 減る・・・・・ しょうがないから 新しい水を加える・・・・」

と言う感じで 水を交換する事が 目的ではなく 汚れを抜き出すことが 目的になっている。
これを 毒抜きという。

弊店は この毒抜きを 3~4週間に1度 水槽全体の1~2割の水交換量で 済ませる。

すると どうなるか・・・・・・
水交換量が減る → 人工海水代が減る(経済的) → 時間が短縮される(効率的) → お魚もHappy(健康的)
でしょ お魚は 絶対交換量が 少ないほうが 水質変化も緩やかで 負担も少なくなるのは 誰が考えても 共通の意見ではないだろうか?

大幅な水交換で 実は だれも喜んでいない だれも得をしていない事実が明らかになった。
しいて言うならば 
「水交換したなぁ これで きれいになった 」と 間違った常識の中での 自己満足なんだろうね。

ちなみに プロホースエクストラSのページはこちら

くまぱぱでした