水槽をきれいにしてくれる働き物は色々いますが・・・・
…本日 ご紹介するのはタツナミ貝です

貝と言っても 背中に貝殻は持ってません…

実は背の内側に貝殻を ひそかに 持っています。 つまり 隠し持っている いやらしいやつです。(゚∇゚ ;)エッ!?・・・・
…アメフラシの仲間です…

見た目も それなりの姿

寝ている時は…砂に潜り込んだり 岩に化けたりするので… たまに 岩と間違って摘まんで (タツナミガイも 私も・・・)ビックリ した事も有ります…(´∀`*)

このように・・・・・普段は目立たない姿ですが …働いてる時はカタツムリの様に 二本の角を出して シアノバクテリアや 苔など せっせ せっせと 処理して 回る とても頼もしい 頼れる~~~水槽のスーパーヒーロー 見たい です。 …

タツナミ貝の通った後の底砂は 苔もなくなり 綺麗サッパリです…

そんな タツナミ貝にも 勝てない 苦手な物が有ります…
水槽内の残留NO3~硝酸塩です…

硝酸塩には 勝てません。
タツナミ貝に一杯 働いてもらうには 硝酸塩値が 低い事が条件です。

…弊社の硝酸塩還元装置をご利用下さい…硝酸塩の数値を下げるのもバクテリアに依頼するのが簡単です…

硝酸塩を労力(例えば 大幅な換水)で下げるのは大変です…
換水の頻度と換水の量が増えると…生体に かなりのストレスがかかるのは 当然ですが 
大幅な換水は 私たち飼育者にとっても…大変なストレス です。

大幅な換水 → 大量の人工海水が必要→ 人工海水代 増幅→→ 作業時間増幅 
私たち飼育者が病気になりそう・・・・。

…大幅な換水は 悲しい事にも繋がります…(犠牲者がでる)。

弊店のやり方は・・・
水槽の換水は3~4週間に一度全水量の1~2割 

がお勧めです…楽々海水魚飼育をお勧めします…換水の方法は弊社にて御説明しています…ご遠慮なく申し出て下さい…お待ちしております☆