ようやく デモ水槽を作成し 展示にこぎつけた かんたん槽の 新しいバージョン。

かんたん槽OF NK-60

水槽サイズ(魚が遊泳するスペース) 600x300x350高さ の標準規格水槽サイズではあるが・・・・・・

IMG_1749

その下に続く 水槽台まで アクリルで仕上げた ろ過槽一体型オーバーフロー水槽なのである。
IMG_1753

水槽台が 鉄骨アングルでもなければ 木製でもない   アクリル製の台なので、
もう 錆び や 腐食に頭を悩まされることも無い。

水槽台の扉を開けると・・・・・・

IMG_1758

見えてきた 太い配管 これは 水槽から 落下してきた飼育水を ろ過槽に導くための配管である。
かんたん槽 ならではの 取り出し可能な ろ過BOXが 3台収納している。

そして 青い矢印 大き目の硝酸塩還元塔が どか~~~~ん と さりげなく付いている。硝酸塩還元塔は 弊店オリジナルアイテムの一つで 通常飼育水に 日々溜まっていく 硝酸塩を 撤去してしまう 商品だ。

IMG_1759

硝酸塩が 下がれば 苔の発生も 抑えられるし なんたって イソギンチャクも サンゴも 簡単に 超長生きするってわけ。

だから かんたん槽なんだよね。

そして もう一つ、 赤い矢印・・・・ これが 濾過槽内循環コック・・・・・
この水槽 ・・ ろ過槽から吸った飼育水を 水槽へくみ上げずに 直接また ろ過へ落とす 濾過槽内循環も コックひとつでできる。

ろ過槽内循環って 何? どういったときに使うの????

濾過槽内循環は ろ過槽のオーバーホール(大掃除)を行うときに使用する。

ろ過槽のオーバーホール(大掃除)をすると 必ず 水槽の飼育水が一時的に濁ってしまうので やりたくない。
とはいっても  いずれ いつかは やらなければならない作業であることも事実。

そんな 悩みを 解消してくれるのが この濾過槽内循環なのである。

 ろ過槽のオーバーホール(大掃除)をした直後、先ほどのコックを閉め 濾過槽内循環にするんだ。
すると 濾過槽内の濁った水は  水槽には入らず ろ過槽内だけで ぐるぐる循環する事ができる。

濾過槽内で循環すれば 数十分で 濾過槽内の飼育水は 透明に・・・・・・・

濾過槽内の飼育水が透明になってから 水槽の方へ 飼育水が上がるようにコックを開放する

そうする事により ろ過槽のオーバーホール(大掃除)時の 濁りを 水槽に上げない事ができるのである。

通常なら お魚も  数十分ではあったとしても 濁った水のなかで 咳き込んでいるかもしれない。 きっと お魚にも 喜ばれるシステムであろう。

また この 濾過槽内循環 もう一つ 喜ばしい事がある
この濾過槽内循環は 硬質配管では無く やわらかい ホース(グリーンのチューブ)循環にしているのだ。 それは そのホースを お客様自身で 延長してもらえれば、 クーラーや 殺菌灯など 循環ポンプなしで 簡単に増設する事が可能である。

なるほど・・・・・・
やっぱ~
かんたん槽シリーズはいいね。

とはいっても まだ 製作中のため 発売は 十月下旬になる予定。
とりあえず デモ水槽が 弊店に 展示中のため、 ぜひぜひ 足を運んでください ませませ。

くまぱぱでした。