先日 インドネシアから直便にて 海水魚入荷。

PIC_0176

沢山のお魚が入荷している そんな中・・・ 今回は奇妙な入荷と言わざる負えない。

というのも
 この お魚が入った袋が 多数水槽に浮いているのが 写真からみてもお分かりだろうが・・・
なんと 今回の便(荷物)は 入荷している 袋のうち、3割近くが・・ダミーであることが インドネシアの送り主から あらかじめ こちらサイドに告げられていた。

PIC_0173

ダミ~~~って 何?
ダミー・・・・・・とは・いわゆる・・・偽物?

偽物のお魚が 袋の中に入っている?  ナント 生体の 海賊版か?

いやいや そうではない。

お魚が入っている 袋でありながら 実は お魚が入っていない?・・・・・・・
「え? どういう事?」
お魚ぬきの ただの インドネシアの海の水だけが 袋詰めに されているというのだ。

「なんじゃ それ・・・・
そんな物 輸入して どうすんだ?」 と 思うでしょ。

PIC_0177

そうなんだよ そんなもの 輸入するほど馬鹿じゃない。送料だけ 無駄にかかってしまう。

本来 こちらが注文した生体だけで梱包すると 6ケースで収まるのに 魚が全く入っていない、余計な海水だけのケースが 2ケース追加され 合計8ケース と 荷物を水増ししている。

PIC_0179

荷物の水増しは・・・・ 荷物の少ない時に しょうがなく行われている。
荷物が少ない時・・・・・
つまり こちらが注文した分の生体が 海から採取することが出来ず 集まらなかった時に 事は 起きる。

毎回の荷物の重さが100kgを超える事が インドネシア業者と 航空会社間の契約で定められており、その規定に当てはまらないと、 とんでもない額の送料を請求されてしまう・・・。

契約とは・・・縛りみたいなものだ。
「毎週 100kgの荷物を  日本に送る ・・1年間・・・・・・・
・・という条件であれば、 送料は 格安の この額にしますよ1年間 という 1年契約なんだとか」

PIC_0180

そのため・・・・ 水増ししてでも 100kgを超える事が 必要であったのだという。

PIC_0182

そうはいっても・・・・・
それって 無駄な規定だよね。
インドネシアから 無駄な物を 輸入したところで 誰が 喜ぶというのだろうか。
くまぱぱも全然嬉しくないし・・・・
航空会社も 荷物が重くなって 燃料も 余計に使わなきゃいけないし・・・・

人間て 賢いの? 馬鹿なの?

みな どう思う。

くまぱぱでした。