、初てコモチサヨリに出会ったのは 十数年前・・・
「なにこれ ニードルガーじゃん」

250px-Xenentodon_cancila_(Wroclaw_zoo)-1

淡水魚にいる ニードルが― という魚にそっくりと思って観ました…
しかし 調べてみるとニードルが―も コモチサヨリも  どちらも ダツ科 に所属する魚で 親戚にあたるそうです。だから そっくりなんですね。

サヨリの仲間は 日本近海に 実は 10種類ほどいます。
その中でも  コモチサヨリ は もっとも 小型種(最大13cm程度)で かつ 沖縄の 河口 マングローブ地帯にすむ 汽水魚です
。 だから 淡水魚の ニードルが―にそっくりなのも 納得です。

入荷時 コモチサヨリは汽水魚です。
 コモチサヨリが 入荷すると 半日かけて 徐々に 塩分濃度を上げてゆき 汽水を 海水にして 慣らしてゆきます。

コモチサヨリは、いつも 水面 スレスレにいます。

サヨリ (2)

コモチサヨリの名前の由来は・・・・・・

横からみると腹部が膨らんでいるので …子持ち?サヨリと 呼ばれているのでしょう。

餌を投入すると…

これが面白い。

餌は無くなるのに…コモチサヨリが餌を食べている気配がない。

だって 口先が開く様子もなければ くわえて 食べる様子もない。
そうです 下記の動画を見れば 一目瞭然。

コモチサヨリは 背中から食べるのです。

つまり 口は 背中にありました。という事は、 口から先は何? アゴ? という事になります。
それにしても 長い長い アゴ。 だって 体の4分の1は アゴ・・・・という事になりますからね。そんなに長い顎がどうして必要なんでしょうか? 
ひょっとして 食性が 変わっている???偏食???

いや コモチサヨリは …餌は何でも食べます…フレーク状・小粒顆粒・マリンサクセス細粒・冷凍ブライン等… 

コモチサヨリは少々臆病なところもありますが、元気いっぱい 泳ぎ回り 捕食しています。是非 見にいらっしゃいませんか…お待ちしております☆


コモチサヨリは こちら