ニシキテッポウエビと言えば・・・・
共生エビ? であることは ご存じの事。

「何?  ご存じない・・・・」 と言う方のために ちょっとおさらい。

LL_IMG_3685

共生・・・と言う言葉 共生関係にある・・・・・ともよく耳にする。
共生関係とは クマノミ達と イソギンチャクの関係が最も有名。

共生・・・つまり 共に生きる。  
全く異なる生物同志が、生きるという共通の目標を 出来るだけスムーズに 安全に行えるよう お互いに協力し合って 生きる様の 関係をいう。

クマノミ達と イソギンチャクの関係 イソギンチャクの中で生活するクマノミ達。

クマノミにとってのメリット
●毒性のあるイソギンチャクに入れるのは 自分達だけ・・・・イソギンチャクに入る事によって、外敵から身を守る事ができる。
●空腹の際 イソギンチャクの触手を食べる

イソギンチャクにとってのメリット
●クマノミ達が餌を運んできてくれる
●イソギンチャクを食べようとする チョウチョウオを クマノミが追い払ってくれる
●イソギンチャクが出した糞を イソギンチャクの外に運んでくれる 

10161915_5da6edc0bf2dc

など 

この共生とは クマノミとイソギンチャクだけではない
冒頭でご紹介した 共生エビもそうである。

共生エビは共生ハゼと 共生する。
共生エビは ニシキテッポウエビと ランドールシュリンプが有名
共生ハゼは ギンガハゼや ハタタテネジリンボウ ヤマブキハゼ ダテハゼ クビアカハゼ ヤノダテハゼ・・ニチリンダテハゼ・・ほかにもいっぱいいるけど これくらいに・・・・

今回下記の動画でご紹介するのは・・・・・
ギンガハゼと ニシキテッポウエビの共生シーン
そうそう・・・・
彼らが エビとハゼが 共生するメリットとは・・・・・

ハゼのメリット・・・・・ハゼ類は 小さな隙間や 穴で寝泊まりするのが大好きなんだけれども
自分では 穴を掘れないので 穴掘りの専門家である 共生エビにお願いしている。

エビのメリット・・・・・エビは 穴の中での作業がおおいい分 視力が極端に悪い。
そのため、穴掘り作業中 常にハゼに見張り番をしてお願いしている。

だから 下記の写真でも お分かり? エビの触覚が 必ず ハゼのどこかしらに
常に触れている。ハゼの異変を 触覚で察知しようとする仕組み・・・・
言い換えれば・・・・ それくらい視力が悪い。ともいえる。 

LL_IMG_3685

今回見ていただく数分の動画に 偶然に納まったニシキテッポウエビのすごい行為。
なんと 自分より大きさの岩を ひっくり返す 驚異のパワー

人で言えば 重さ100kgを 水中で動かすようなもの・・・・さて じっくりみていこう。

こうやって 大き目の岩を 入口付近に固めておくことによって、掘り出した砂が 入口になだれ込まないようやっているとみられる。

くまぱぱでした。