またもや 良く売れています。弊店オリジナルかんたん槽。

IMG_2741

かんたん槽も NK-45,NK-60w、NK-90 の三種類を  規格として 常に在庫しているが、希望があれば、特注かんたん槽も 作成しちゃう。

今 特注かんたん槽を 実は 製作中。 1200×550×400h でかいでしょう。

かんたん槽とは、 上の写真を見ていただければわかる・・・・濾過槽が 水槽のサイドに付いていて、いわゆる水槽と濾過槽が 左右で一体化になっているのが特徴。
そのおかげで、 ヒーターや水温計 循環ポンプ 濾過槽など、水槽を稼働するための すべての周辺機器が
サイドにある ろ過室に収納しているのが最大の特長である。

だから 水槽内が 超すっきり。 水槽の上に 濾過槽もないし 水槽内にオーバーフローパイプ(配管類)もない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



穴がたくさん開いた 板の下が いわゆる 濾材がはいる 濾過槽である。
IMG_2746

その手前にある このほど 大型化された 硝酸塩還元筒ミニ(グレーの太いパイプ)も かんたん槽なら標準装備。
このシステムで 弊店が目指す水質は ズバリ
アンモニアも 亜硝酸も 硝酸塩も ゼロ。
IMG_2742

硝酸塩をとにかく 下げる。 限りなくゼロに近づけることで、 これまで、なかなかできなかった、サンゴや イソギンチャクの長期飼育が可能になった。
IMG_2747

この硝酸塩還元筒ミニ(グレーの太い配管)の中に入れるものが これまた 弊店のオリジナル、成分解樹脂 デニバイオチップ。↓

IMG_2797

これに 嫌気性バクテリアを付け 硝酸塩還元筒ミニの中に詰め込み 腐らせるのである。すると、
硝酸塩 No3が 窒素と酸素に気化されるのである。
硝酸塩がゼロになると、苔の発生も極端に遅くなる。

IMG_2749

今回の このかんたん槽は 奈良県に飛び立つ。
2台目のご注文だそうだ。

IMG_2750

気に入っていただけたに違いない。
だからこそ  同じものを注文していただけたのだ。

IMG_2752

無事に 到着を 祈って 梱包する 通販担当 クボタでした。