j 008

ようやく 年の瀬を迎え・・・

j 009

店内の水槽も 新年を 迎えつつある。
ところで・・・・・ 新年には 底砂交換を・・・・と 先日お話しさせていただいたが・・・

j 011

実は 
底砂の交換には もう一つ・・・・ 大切な意味合いが 込められている。
前回の 補足として ご紹介させて頂きたくと共に 頭の片隅に 閉まっていただけると 幸いだ。

j 012

海水魚飼育に必ずといっていいほど 敷くサンゴ砂には 大きな意味が込められている。
それは PHの安定。

海水魚は PH8前後で飼育するのだが、その調整を陰ながら ささえているのが ろ材に使われているカキガラ(弊店の混合ろ材には含有)や 底砂に使われているサンゴ砂であるのだ。

しかし そのサンゴ砂のPH調整機能も 永遠ではない。
徐々に低下し やがて、1年もすると ほぼ その効果は期待できない。

そこで 年に1回交換するのだ。
それは タイミングは いつ?
「 それは 今でしょ だって 正月前だもの・・・・ 」

ってなことを 話していたら・・・・

ぎょぎょ・・・・
大量のご注文が インターネットから 舞いこんできた。
その種類 15種 数にして 20匹以上・・・・
これ 一人のお客様からのご注文。 下記はその予約カード。

j 014

なんか 凄い事になってますね。
きっと 水槽も 度胸も 優しさも そして 稼ぎも 大きいのでしょうね。

一言多かった 
くまぱぱでした。