昨日 偶然にも 別々の 二組の  ご家族様が 同じようなシチュエーションでのご来店があった。 しかも同時間帯に・・・・・

お子様は どちらも 小学生の男の子。

スタンスはこんな感じであった。
「うちの子が どうしても 海水魚である クマノミや イソギンチャクを 飼育したい・・・・」
というので それを実現すべく ご来店くださった次第だ。

そのお子様たちが そろって言った言葉に くまぱぱは 実は 驚いた いや 感動した。

そのお子様たちが 言っているのが・・・・
「 なんちゃって ではなく、本格的に飼育したい 」という趣旨の文言を 親たちに伝えていたことだ。

本格的????? とは・・・どういう意味だろう。

車でいえば 普通車ではなく 高級車?????スポーツカー?
本格的に ドライビングを楽しみたい???

例えば レンタルスキー レンタルボードではなく 自分の体に合った スキーやボードを購入してで 本格的に雪を楽しみたい・・・・

という なにも お金に糸目をつけない という意味ではなく・・・・

飼うなら 飼育するなら なんちゃって 飼育ではなく、責任をもって その命を育てたい。
絶対に 死なせたくない・・・・

IMG_2066

という意味合いが 「本格的に飼育したい 」の言葉の裏に 隠れていると 
と くまぱぱは 分析している。

と いうのも 高い安いの金額は 親が出す(支払う)問題だから・・・・
小学生である子ども自身にとっては ある意味 無関係。

それよりも いまだに 「海水魚飼育は 難しい」という誤った情報が ネット社会を飛び回っている昨今。

それでも、海水魚を飼育してみたい、しかし 絶対に死なせたくない・・・・という 若き彼らの挑戦心 責任感が 垣間見れる。

一度失った命は 二度と戻ってはこない。
リセットボタン 一つで 最初に戻ることができるゲームが 彼らの周りに君臨する中、

リセットボタンなど存在しない 自然と 真向から向き合う 彼らの意気込みに 親たちも心を動かされたのであろう。
そして そこに 感動したくまぱぱで あった。

というわけで、 かんたん槽NK-60Wを 手に取り 記念写真。

IMG_2070

かんたん槽の中でも 背面に濾過槽があるタイプで 見た目にも超すっきりの一台である。

imgrc0068273620

商品は こちら・・・