弊店オリジナル ゆりケースが 新たな時代に入った・・・・・。

そもそも ゆりケースとは・・・・・・
クマノミたちの稚魚 ・エビ カニなどの稚エビを 育てるための専用ケースである。

これら 稚魚や稚エビをそだてる ゆりかご のような存在から ゆりケースと名付けられている。

この ゆりケースが・・・ゆりケースフロートと 改名され・  、稚魚を育てるアイテム群へ 新デビュー。

 サイズは  280*80*120H (横*奥行*高さ)

◆ゆりケースフロートの特長(穴あり 穴無し共通)

せっかく ここまで育てたのに・・・・キスゴムがはづれ ケースが落下して・・・・わわわわぁ
ってこと が無くなった。

ケースは 自身の浮力で水面に浮く
しかも ケースは 表面張力の原理で 水槽面が曲面でなく きれいなら べったり張り付く。 

もし仮に ゆりケースを固定するための キスゴムや マグネット等が外れても 水底に沈没することがなく万が一でも安心のケースである。


また  水槽面にべったり張り付くから 鑑賞する面の苔が付きにくい。

◆鑑賞する面以外は黒色板を採用(ゆりケースフロート穴無しのみ)

生まれたての稚魚は24時間点灯が常識。しかし 24時間点灯すると 本水槽にいる 親魚たちが眠れない・・・・・

これも 今回解消された。

■ケースの外側 底に オプション 集魚器(別売 現在開発中)が取り付けられる。

集魚器とは、稚魚が 光に集まる習性を利用し ふ化した稚魚が そのまま 自ら ゆりケースに入って行くシステムのこと。

ある程度の数なら  もう 稚魚を すくい集める必要がなくなるかも・・・・?。

というわけで 

あとは ゆっくり 下記の動画で確認あれ・・・・商品はこちら