IMG_8480
capture-20210624-090010

ところで、ホテイ草 って知ってるよね。 しらない? 
まあ 海ではなく 淡水 池の話なんだけどね。

池や沼の水面に浮かんでいる 水草だよ。
丁度 茎の部分が膨らんでいて 浮き袋になっている水草だ。


この水草 シーズン物で 今の時期から秋口にかけて、市場に出回る。
もち 海水魚専門店 の 弊店でも売ってるよ。

この水草の力 そして役目 結構目を見張るものがある。

良くこういう話を耳にする。 
「庭やベランダで 金魚を飼っていたら・・・・・カラスや猫に さらわれてしまった。(´;ω;`)」

外で飼っている、魚類は 彼ら(カラスや猫)の恰好の獲物になってしまったのだ。 

その他の動物にも 被害報告が・・・
 アライグマ ハクビシン シロサギ などだ。

「うちの家は そんな田舎にじゃないから・・・・」と 人ごとに済ませてはいけない。
アライグマが何度も出没しているという お客様の自宅場所は 
神奈川県相模原市 南区 相模大野

 


グーグルマップから周辺を見てもわかるように  森など隣接しない 住宅街である。

野生動物も 食べるものが無くて、仕方なく 町中に出ているのかもしれないが・・・・。


それにしても 私たちの愛魚は 渡せない。
そこで お勧めしたいのが、この水草なのである。 

特長①
このホテイ草は水面に浮くので 水中を隠す働きがある。 危険がせまると 金魚やメダカは ホテイ草の下に身を隠す。

このホテイ草目隠しの役割をしている。

IMG_8481



特長②
このホテイ草は その他にも 重大な役目を 担っている。 その役目とは、夏場の水温上昇防止だ。
ホテイ草が 水中に差し込む光を 制限する。 ホテイ草は増えるので、水中に沢山の日陰を作ってくれる。そのおかげて、水温上昇を抑えてくれるのであ~~~~る。

特長③
最後に 三つ目の 役目とは何か・・・・。




水面下に広がる、ホテイ草の根である。

 ホテイ草の根は結構大きい。
 水面上に見えている ホテイ草の葉部分(緑色)の2倍以上の根が水面下にはあるんだ。

この根は大量の養分を水から吸い上げてしまう。 ホテイ草を浮かせるだけで、濁っていた、池の水が透明になるんだ。これは まさに 生の ろ過器である。

こんな身近なところに こんな 凄い水草が ありました。

 さあ 皆さん、ホテイ草に感謝(☆゚∀゚) 



そして 拍手 (o^∇^o)パチパチパチ ノ


くまぱぱでした。