お客様が持って来た ペットボトルに入った海水 
というわけで 

IMG_9476

まずは 海水の塩分濃度 つまり 比重を測ってみる。 
これは、 ↓写真↓ 、塩分濃度屈折計 という商品で、比重計ではない。
だけど、飼育海水の 比重を測るものだ。

IMG_9457

皆さんが良く使う比重計は 下記の写真のような物。水槽も水を汲み入れて 針が指す値を読み取る。
いわゆる 比重を測る物。 飼育海水の塩分濃度が 濃いのか 薄いのか ということだけれども・・・
 その前に・・・・・・比重とは何か? 

LL_IMG_9564----

字のごとく 比べる重さ。 
比重とは 何かを基準とし それと比べて この物質が どれくらい軽いのか どれくらい重いのか を 示している値である。
では 何を基準にしおているのだろうか? 
その答えは、水。 水と海水の重さを 比べているのである。 

ご存じのように(ご存知でしたか?) 水より 海水の方が重い。

水、 1cc (1cm×1cm×1cmの立方体)の水の重さは1g である。 

であるのに対し (比重1.025濃度の)海水1ccの重さは 1.025gなのである。

比重1.022濃度の海水の1cc の重さは 1.022gなのである。

比重とは、 水を1とし その対象となるものが、どれだけ重たいのか 軽いのかを示す値である。

例えば、 灯油の比重は 平均0.8ぐらい。 という事は 灯油1cc は0.8g だから 水より軽い。

だから、油は 水面に浮くよね。

 ポリタンクに 20リットル入れた灯油の重さは  約16kg であるのに対し
と 海水では20.5kg(比重1.025の場合)。
約 4kgもの差が出てしまう。 

話はだいぶ それてしまったが、 海水の比重の測り方法は これまで話してきた、””比べる重さ””以外にもある。
それが 塩分濃度屈折計である。

これ↓は光を利用した方法で、測りたい飼育水を 2滴 、たったの2滴 たらす。↓

IMG_9458

そして明るい所へ向かって望遠鏡のように覗くと、青と 白の境界線が表れる。↓の写真
その左側の値を読み取ると、1.026。 この飼育水の比重は1.026
であることがわかる。

もし水を2滴いれて 測ると 最も下の1.000を示す。

IMG_9460

その水に含まれる塩分濃度によって、光の屈折する角度が異なる。
その自然の法則を利用した 新しい比重を測るための 塩分濃度屈折計である。

以前に 比べて お値段も安くなり しかも、正確。 

塩分濃度屈折計は、狂ってきても、補正する事ができるからだ。
まずは 狂っていないかをチェック。
 真水を測ってみる。 1.000を示せば 狂い無し。 もし狂っていれば、1.000を示すように 付属のマイナスドライバーで補正が出来る。

LL_IMG_9564----

この↑ タイプは 安く 簡単でいいのだけれど、補正が出来ない。 
いや それ以前に 、狂っているのか いないかをチェックすることが できない。
真水を入れたらここを示す・・・・という所が無いからだ。

この上記のタイプの比重計が不正確 と言っているのではありませんよ。 新しいうちは正確なんだ。
しかし、比重を測った後  洗わずに置いておいたり、 購入してから 1年以上も使っていると、狂ってくる??????ものなんだそうです。

メーカ曰く ”半年に一度は 新しいものと交換してください” との事。

一般的に 古くなった比重計は 本来の比重より、薄く表示してしまう傾向がある。 

LL_IMG_9564----

例えば、 上記のタイプの比重計で測ると 1.025と表示される比重が、 

塩分濃度屈折計で測ると、1.032あった ケースが多々あるんだ。

これは びっくりだよね・・・・ お客さんも・・・・
だから 調子が悪いんだ。  お魚が死んだんだ てなことに気が付く。

塩分濃度の調整は 基本中の基本なので 月に2~3度はチェックしようね。

ちなみに 塩分濃度屈折計 の寿命は ほとんどありません。叩き落して 破損させない限り 数十年は 平気で使えます。

くまぱぱでした