capture-20210816-100136

上記の写真は 一つは ハタタテダイ。 
ムレハタタテダイではなくて ハタタテダイの方であるが・・・・

もう一つの個体は シマハタタテダイというまた 別の種類だ。
外見はそっくり・・・・・ 小さい頃だけは・・・

親になると かなり 違ってくる。

下記の写真は ハタタテダイの成魚・・・・・

01202144_5e25a0acc1e37

こちらが シマハタタテダイの成魚。

b16b8a58-s

ハタは 短く・・・ 黒白の縞の境界線も くっきり分かれるのではなく、
グラデーションがかかるようになる。 黄色みも 山吹色に近く なかなか渋い。

では 幼魚の時 どうやって 見分けるのだろうか?

capture-20210816-100136

顔 だよね 顔。
 上から 目にかかる 黒いバンドが 目で止まっているか 目を通り越し 下までいっているかの違いだよね。

たった それだけで 違うんだよね、 値段や価値?

それも そのはず シマハタタテダイの入荷は 時折・・・・
もっとも 親になると 全然 違うけどね。

ちなみに お魚は こちら