水槽の材質には 2種類ある。 アクリル水槽と ガラス水槽である。それは 以前のブログで これまで、話してきた通りである。
そのほかに
水槽の仕様 にも 2種類ある。 フランジがあるタイプと フランジがないタイプである。

LL_36-01

フランジって何? と 思った方。 まずは フランジの説明から・・・・してみよう。
上の写真も 下の写真も フランジが有るタイプのアクリル水槽である。

下の水槽で言うならば、 ちょっと話はそれるが・・・・・水槽の上に載っている黒い箱は 弊店オリジナル上部濾過槽である。
でかいでしょ・・・・・。 で 話もどって
濾過槽が載っているところ、 そこが まさしく フランジと呼ばれる、 水槽の内側のでっぱりである。
フランジがなければ、 このように 水槽内側に濾過槽を乗せる事は出来ない。

LL_dsc00020-5-02

それに対して 下のガラス水槽にはフランジがない。・・・・

31-BwpLDwZL

ここで・誤解のないように整理しておきたい。
ガラス水槽だから フランジがない。
アクリル水槽だから フランジが有る・・・・・・・わけではない。

 ガラス水槽は フランジがないタイプが多くて、アクリル水槽には フランジがあるものが多い。
しかし 
アクリル水槽の中にも フランジがないものもあれば・・・・ ガラス水槽にも フランジがあるものもある。

ただ、一般的に・・・
大半のアクリル水槽は フランンジがあり・・・・大半の ガラス水槽にはフランジがないタイプが流通しているのが 現状だ。

下記の図を見て分かるように、 水槽を上から見ると 水が四方八方に 広がろうとする力が 常に働いている。
シール - コピー (2)

その力を 極力 水槽本体に かけないようにしているのが フランジの役目だ。

フランジの役目は それだけではない。 横揺れ地震があったとしよう。
フランジがない水槽は 見事に 水がこぼれる。下記を参考
シール - コピー (3)
水がこぼれると同時に、 矢印の方向にだけ 水圧がかかっているのがわかる。上図参考

ところが フランジが有る水槽は そう簡単にこぼれることはない。
なぜなら、下記のイラストでもわかるように、 あふれ出そうな飼育水は 水槽内側に戻されてしまうからだ。
シール - コピー

さらに ふたをしていれば、 ほんと 溢れない のである。
シール

3・11 関東地方 震度5弱の地震の際、弊店オリジナル水槽  かんたん槽 は 見事に 全く水がこぼれなかったと 多くのお客様から 感謝されてしまった。

ところで・・・・
地震発生時 とっさに 水槽を押さえて 水がこぼれないようにする人がいるが、、、、それ 意味ないでしょ。

だって 押さえている本人も 建物ごと 揺れているんだから・・・・。ネ
 
それより ゆれても こぼれない 水槽にしておきましょうヨ
地震発生時 家にいないこともあるのだからね。