先日 インドネシアから 大量のブリードサンゴが入荷している。

IMG_7397

そう、 サンゴも ワシントン条約により 規制されており、ブリードの時代になっている。
規制は言うまでもなく、天然サンゴを守るため、魚の生態系を守るための目的である。

しかし おかげさまで・・・・というか・・・・規制されたおかげで、サンゴに対する考え方、サンゴの大切や 尊さ、サンゴの役割など 改めて真剣に考えるようになった。 

今では 各家庭でも ミドリイシの飼育 成長 株分けなどもできるようになった。もちろん、まだまだ サンゴの飼育は 簡単ではないが、サンゴを成長させている アクアリストが 沢山いるのも事実だ。

ところで、ミドリイシの飼育に失敗している方の中で、実は、水質ではなくて こんなことが原因で サンゴをダメにしちゃっている場合があるので、ご注意。

というのは、先日入荷したサンゴが 入荷から二晩で 白化(四角形の部分)が始まったのだ。

IMG_7393

ありゃりゃ その白化は 真上から見ると 骨格の付け根の方まで続いていた。ただ変なことに、白化している部分は光があたる部分で 光があたらない部分は むしろ 全く白化していなかった。

 ミドリイシを くまなく 調べたところ・・・・ 丸く くくったところに いた・

何が?↓


IMG_7395

カニさんだ。
ミドリイシの中に生息するカニにも いいやつ と 悪い奴がいる。
この毛深いカニは 典型的な悪い奴。

申し訳ないけど・・・ サンゴから 出て行ってもらった。
IMG_7396

あれから 1週間 カニがいなくなった ミドリイシは どこが白化していたか ほとんどわからないくらい再生している。

ああいう 寄生カニは 突然現れるわけではない。
今回入荷した際に 現地から舞い込んできたものだ。

だから 新入荷の際 くまぱぱは すべてのサンゴを目を皿のようにして、チェック・・・・そして 寄生カニを探す・・・・・ような事はしていない。 そんな事をしていたら、 疲れちゃう。だって 目に見えないくらい小さなカニもいれば、サンゴと同じ色でわかりにくいカニもいる。

じゃ ぁ どうする。
くまぱぱは 目をさらにするのではなく 、頭のさらを使う。そうそう くまぱぱ特有の 河童のお皿。
わかる?
ようするに ミドリイシが
不可解な 白化をしていないかを 観察する。

ところで

この ミドリイシ、確かにLEDで よく 成長している。でも ブラウン系が多いね。
IMG_7397

でもね、 あなどってはいけない。
ブルーライトでみると ご覧ととおり、ほとんどのサンゴが 緑に発色する。
IMG_7556

だから ミドリイシっていうんだね。ほんとはね。
だけど ちっちゃいから 早く大きくなって ほしいんだな。
さんごちゃん さっちゃん。♪