弊店のオリジナル水槽・・・・・・なかでも 古くから作られ 今もなお 販売し続けている ピグミー水槽。
くまぱぱも ブログを 書いてきて 4年 しかし・・・ ピグミー水槽を ご紹介するのは・・・・ 初めてかも・・・・・。

IMG_1875

この水槽 インテリア水槽なのだ。   だが 水量や ろ過 水槽全体の 重心の 低さ など 色んな面で 安定して 海水魚が 育てられる。 

この水槽が登場した30年前には まだ 硝酸塩還元システムなど この世になかったけれど・・・
今や ちゃんと ついている。

この水槽の特長は 色々あるけれど・・・・・
■まずは ろ過システム は 上部濾過槽なんだけれど、上の写真からわかるように カバーをつけると、濾過槽の存在が 見受けられなくなる。

■上部濾過槽のさらに奥 (赤矢印の部分)に もう一本 LED照明が 増設できる。
だから 上部濾過槽の欠点・・・・・
 水槽奥に照明があたらず 暗い・・・・・という懸念が この水槽では 改良されている。

IMG_1876

■水槽寸法は 40cm角なのに対し、下のお皿の部分(青矢印部分)は41cm角なのだ。
なぜか?・・・・・・・・
水槽の水交換や その他 水槽メンテナンス中に 水槽外側についた、流れ落ちる 一滴の水滴・・・・・。
この一滴の水滴も このお皿で受けてしまう つわものの お皿なのだ。

そのため 水槽台はもちろん、 おしゃれなテーブル・・・・汚したくないテーブルの上にも この水槽なら安心して 
お・・・け・・・る   
という わけだ。

 

IMG_1878

水槽にカバーがしてあると 見た目 めちゃ おしゃれ。
これぞ インテリア水槽だ・・・・ でも 餌の時 大変????

給餌の度に カバーを外すのは面倒でしょ・・・・・・

でしょ・・・・ 

だから ちゃんと 作ってありますよ、 給餌用穴(下の写真 青い矢印)
IMG_1873

ここから 給餌をすると、そのまま 水底まで 餌が 届く仕組みになっている。
水面に浮かないのだ。 だから 水底にいる生物まで まんべんなく 餌が行き届く・・・・・・
というわけだ。
IMG_1882

さて、 水槽の横で ハイポーズ・・・・・
と ご兄弟で 1ショット・・・・・・していたら・・・・・・

弟君 フラッシュで 目がくらんだのか・・・・・そのまま 持っていた サンゴ砂を・・・・
IMG_1880

ばしゃ・・・・・・・・  でも 大丈夫。 砂は・・・・・ 
弟僕 大丈夫?
IMG_1881

室内を暗くして 見る ピグミー水槽は これまた 格別・・・・・・なんだよね。

SUISEN11

ホームページにも載ってるよ。よかったら 見てね。