これは ナガレハナサンゴ・・・・。 よく観察してみると ・・・・・触手に色々な形があることがわかる。
例えば 下記の A B C  である。

IMG_2362

いうまでもなく これは 分裂しているじゃないかな 。 おそらく そうだろう。
もともとA だった触手が Bになり  C のように そのうち 2本の触手になっていくのだろう。
確かに 骨格が成長していく・・・つまり ・・触手の出すエリアが広くなっていくのに・・・・
触手が太くなっていくわけではない。。
、触手 1本1本は ほぼ 同じ太さ 長さである。

ってことは 触手が増えている証拠だ。

ところが、 さらに 観察すると 発芽している部分もある。

IMG_2365

1本の触手が2本にわかれるのではなく、新しい小さな触手が 
古い触手と 古い触手の間から 新芽のように 生まれているのがわかる。
IMG_2366

このように 色んな方法で 触手の数を増やしているに違いない。

そういえば イソギンチャクは たまに 分裂して増える と良く耳にする。
1個体のイソギンチャクが 自らの力で 自らの体を ゆっくり引きちぎっていく。真ん中から・・・・・。
想像するに ちょっと グロイ光景であろう。

ところが、 分裂ではなく 発芽しているイソギンチャクがあった。 
これは(下の写真らは) お客様から提供された 1枚のお写真である。

DSC_0477

な なんと、

イソギンチャクの発芽は くまぱぱも 初めて見た。 

「餌も2か所にあたえるですよね」
と お客様。
「で しょうね その方が 成長しやすいでしょう。 栄養が豊富にあれば その分 分裂も早まるでしょうから」

 無脊椎動物って 色々な 方法で 増えていくんですね。