その 直下にお住いの方々には お見舞い申し上げます。
10年前の地震から 少しずつではありますが  こんなにも 復興しているのに・・・・またか?

しかも 今回 こんなに大きな地震なのに これも 余震? 

地球学的 地質学的には 余震なのかもしれませんが、1地震であることには 違いない。

ところで、 このような 大地震の時に 我々 アクアリストにとって
もっとも心配なのが  言うまでもなく 水槽である。
お客様も ショップも 揺れれば 当然 水槽の水があふれてしまう・・・・・・のは おんなじ。

しかし 水槽の構造によっては・・・・・ 
いや いた. 溢れないんですね 一滴も・・・・

それが フランジのある水槽である。
弊店のオリジナルアクリル水槽や  かんたん槽シリーズが 地震に強いのは この フランジが ものを言っているからである。

そのフランジについて 過去のブログを 持ってきたので 改めて 見ていただきたい。

————————– -以下以前のブログ- ———————————– 

水槽の仕様 にも 2種類ある。 フランジがあるタイプと フランジがないタイプである。

LL_36-01

フランジって何? と 思った方。 まずは フランジの説明から・・・・してみよう。
上の写真も 下の写真も フランジが有るタイプのアクリル水槽である。

下の水槽で言うならば、 ちょっと話はそれるが・・・・・水槽の上に載っている黒い箱は 弊店オリジナル上部濾過槽である。
でかいでしょ・・・・・。 で 話もどって
濾過槽が載っているところ、 そこが まさしく フランジと呼ばれる、 水槽の内側のでっぱりである。
フランジがなければ、 このように 水槽内側に濾過槽を乗せる事は出来ない。

LL_dsc00020-5-02

それに対して 下のガラス水槽にはフランジがない。・・・・

31-BwpLDwZL

ここで・誤解のないように整理しておきたい。
ガラス水槽だから フランジがない。
アクリル水槽だから フランジが有る・・・・・・・わけではない。

アクリル水槽の中にも フランジがないものもあれば・・・・ ガラス水槽にも フランジがあるものもある。

ただ、一般的に・・・
大半のアクリル水槽は フランンジがあり・・・・大半の ガラス水槽にはフランジがないタイプが流通しているのが 現状だ。

下記の図を見て分かるように、 水槽を上から見ると 水が四方八方に 広がろうとする力が 常に働いている。

シール - コピー (2)

その力を 極力 水槽本体に かけないようにしているのが フランジの役目だ。

フランジの役目は それだけではない。 横揺れ地震があったとしよう。
フランジがない水槽は 見事に 水がこぼれる。下記を参考

シール - コピー (3)

水がこぼれると同時に、 矢印の方向にだけ 水圧がかかっているのがわかる。上図参考

ところが フランジが有る水槽は そう簡単にこぼれることはない。
なぜなら、下記のイラストでもわかるように、 あふれ出そうな飼育水は 水槽内側に戻されてしまうからだ。

シール - コピー

さらに ふたをしていれば、 ほんと 溢れない のである。

シール

3・11 関東地方 震度5弱の地震の際、弊店オリジナル水槽  かんたん槽 は 見事に 全く水がこぼれなかったと 多くのお客様から 感謝されてしまった。

ところで・・・・
地震発生時 とっさに 水槽を押さえて 水がこぼれないようにする人がいるが、、、、それ 意味ないでしょ。

だって 考えてみて 押さえている本人も 建物ごと 揺れているんだから・・・・。ネ

それより ゆれても こぼれない 水槽にしておきましょうヨ
地震発生時 家にいないこともあるのだからね。

ちなみに 大人気の かんたん槽は こちら