近年ライブロック輸入に 規制がかかり 思うように輸入できない事態になっているが、
弊店でも 弊店の水槽内で 弊店が作っている ライブロック(商品名 メイクコーラル)がある。

そういう中で、 どういうライブロックが いいのだろうか 改めて 過去のブログを見てみよう

「弊店の過去ブログ 人気シリーズ編」

みんな 皆 ライブロックって 何を基準に選ぶ。 

「え えっと 水槽に 合ったサイズ・・・・?」

もちろん、 それは そうだ。、 水槽に入らない  車に乗らない 家に入らない でかいライブロックを買っても しょうがない。 

そういう意味じゃなくて、 水槽に合ったサイズでも、 
色んなタイプがあるでしょ。

例えば 

A:細長いの、  B:丸いの、   
C:穴が沢山 空いているの、
D:赤い石灰藻が付いているの、
E:海藻が付いているの、
F:なにやら 沢山付着物があるもの、
G:磯の香がするもの。
etc

細かく見ると、3パターンだ。
A-C は形に関する条件である
D-F は付着物に関する条件である
G 雰囲気?

皆さんは この中から、何を優先して、選ぶのだろう。
 また、こだわり があって、これだけは 譲れない、とか?

くまぱぱ が チェックする順は こうだ。
G 臭い→ C 穴が空いている のみ

E 海藻付き と F その他付着物 に関しては チェックするんだけど、恐らく 皆と 逆チェックだよ。
つまり、付着してないものを あえて 選ぶ。
その、理由は、 付いて入る物が 水槽に 入れて 良いものなのかどうか? である。

飼育そのものが難しく すぐに死んでしまう可能性がある付着物であれば、 飼育水を汚すだけだ。 入れない方がよい。

それらの付着物は 水質が良ければ、自然に生えてくるかもしれない。
恐らく ライブロックの表面にその種が付いている。

次のライブロック どちらが良いと思う? 石灰藻が びっちりタイプ↓

IMG_6874

これは、石灰藻は余りないが、穴が豊富に 空いているタイプ。↓

IMG_6872

さあ 決まったかな。
石灰藻の方かな?
くまぱぱ は 穴が開いているタイプを選ぶんだ。 なぜなら 石灰藻は、条件が合えば 必ず 増えてくる。 

IMG_6870

ほら、重なり合うように 増えてくるんだ。 そのためには カルシウムを規定値 400mg/リットル前後をキープしよう。

逆に そういう 条件が無ければ、最初 赤い石灰藻も いずれ 白くなって行く可能性 大である。

つまり、ライブロックの石灰藻は増やしたり 減らすことが 後からできるんだ。
でも 形は 後から変えられない。
だからこそ、ライブロックは 形で選ぼう。

「時間が経てば  ライブロックにも 穴が開くかも?」
そりゃ、 何百年 何万年後には・・・・・・

それまで、待てる?

 待てないのなら、気に入った形を選んだ方がよい。
特に 、穴が開いていた方が 表面積が多くバクテリアも沢山いる。
魚にとっての隠れ場所にもなる。 

最初 G 磯の臭いを チェック 
って書いたけど、これ ものすごく重要なんだよ。これが クリアーされないと、次に 続かないんだ。

ライブロックの臭いは、  無臭から 程よい磯の香 ならOK.

ちょっと臭いたくない ような磯の臭いなら、そのライブロックは腐敗している可能性がある。 あるいは まだ キュアリング中。

キュアリングとは、余分な付着物が自然に取れるまで ショップにて ケアーする事。

先ほども書いたけど、余分な付着物を 自分の水槽で落とす必要はない。飼育水が汚れるだけだ。

キュアリングができているかどうか?腐敗していないかどうか?
 必ず 臭いで 確認し 購入しよう。

熱帯魚店に入るなり、ライブロックに手を出し・・・クンクン いきなり臭うと、変に思われるから、臭うときには 店員さんを 呼んで、

「ちょっとライブロックを臭いたいんですけど」

って いっちゃだめだよ。

「ちょっとライブロックを見たいんですけど」

と 一声 かけようね。

くまぱぱでした