「弊店の過去ブログ 人気シリーズ編」

””くらげの赤ちゃんは 海中散歩をしながら 主にプランクトンを摂取し、成長していく。””

くらげ は 赤ちゃん もそうだが、 大人のくらげ も プランクトン食である。 そんな事は 大体の方は 御存じでしょう。 

でも よ~~~~~っく 考えると くらげ 自信も プランクトン なんですよね?

 あの 直径 1メートルを超える 越前くらげ も ちゃんとした プランクトンに属している。

もちろん 小さな微生物もプランクトン。

IMG_8875-2

ちょい と下記の写真を見てみよう。 
これは↓ 昨夜 生まれたばかりの カクレクマノミの赤ちゃん この方々も 実はプランクトン。 なんですよ。

22

しかし 

06250935_60d524b76e03c

クマノミの成魚は プランクトンではないよ。 

一体 プランクトン って なんでしょう? どういう生物を プランクトンと呼ぶのでしょう?

もう一度整理してみよう
微生物 は  プランクトン

魚の稚魚は 実は プランクトンで  魚の成魚はプランクトンでは無い。
直径1mをこえる 越前くらげ はプランクトン(くらげ は 種類 サイズに関わらず すべて プランクトンである。)

何かを 基準として プランクトンと プランクトンでないものを分けているはずだ。
これは プランクトンの定義・・・の話だ。

その基準とは 

   色? 大きさ? 軟らかさ? 固さ? 透明度? 背骨がある ない?

一体全体なんだろう。

続く