本日持ち込まれたのは 厚紙・・・・・・の上に 文字がちらほら・・・・・・。
これ 水槽のフタの設計図。

IMG_2839

設計図 といっても外寸の明記はなく・・・・・ 
どうも これが 実物台のようだ。

パソコンの上に置いてあるから そんな大きいサイズではない事はわかる。 
フタの右上には 直径5ミリのエアーホース抜きが指定されている(下写真) 

IMG_2840

フタの左上には 直径8ミリのヒーターコード抜きが指定されている(下写真) 
IMG_2841

このように 塩ビフタは ほんと 細かな加工ができるのが 特長。 
細かい加工がされているフタは  何も 見た目にすっきり?
という意味もあるだろうが、 いやいや
むしろ 細かな細工がされていないフタの方が すっきりではないだろうか?

じゃぁ なぜ ここまで 細かくするのが・・・・・・
理由は二つ。

その答えを匂わせる お客様からの指示が これである。(下の写真)
フタの左手前に 餌をあたえるための 穴を開け・・・・・なおかつ その穴にフタを付けるというもの。

IMG_2842

なおかつ 赤い矢印の先に 5mm と記してある。
これは 水槽の厚みを示している。五ミリ厚のガラス水槽なのであろう。

下記が上記の設計図を基に 作成した  くまぱぱ製塩ビフタである。
水槽の板厚のところに ストッパー(ずれ防止)を接着した。

IMG_2843

餌の穴には フタがついている。
餌穴は必要だが、 餌穴の開けっ放しは厳禁。

これはつまり  極力 隙間をなくすための 工作である。

IMG_2844

隙間が有ればあるほど・・・ 蒸発する。
特に 海水魚の場合 蒸発すればするほど・・・・・・
比重が変化してしまう。

また 隙間は 生体の飛び出し防止、にも 大きな効果を発揮する。
ハゼ ベラ類など 飛び出して 死なせてしまった事はないだろうか?

このような 事故は こちらの工夫で 未然に防げるはずなのである。

IMG_2845

このような フタのご依頼は 最近多く   大人気。
ちなみに このフタ及び 加工料で、2500円ちょっと 。
やすいねぇ。

外寸と 穴開け位置を 指定してもらうだけで、 出来ちゃうから 簡単でしょ。
所要時間は 2~3日あれば 製作OK。

お気軽に 問い合わせてちょうだい。