先日も 千葉県へ かんたん槽が送られていった。
 IMG_3153

かんたん槽とは 弊店 オリジナル水槽。 海水魚も 淡水魚も 金魚も なんでも 簡単に 存分に飼育を楽しめる水槽なんだ。

例えば こんな水槽ないかな?  
■濾過不足とか ま 水槽の形状などの 諸事情で お魚が病気になりやすい・・・・お魚が 長生きしない。
■水槽のメンテナンスが 大変。こりゃぁ めんどくさい。
■水槽本体が・・・・・・いつ来るかわからない 地震で 水が漏らないだろうか、破損をしないだろうか?

などなど 不安をかかえているようでは、 魚飼育を楽しめる場合?、 
いやいや 楽しみも 半減。 不安が半分。
IMG_3154

となってしまう。 その不安を 一気に 取り除いたのが この かんたん槽である。
■ものすごいろ過能力
■メンテナンスが超簡単
■4年前の3・11では、 都内の揺れ 震度5弱にもかかわらず、飼育水が全くこぼれなかった。ちなみに、隣に置いてあった 60cm水槽の水は 半分にまで 減っていた。つまり 半分はこぼれた
という事である。

かんたん槽のすごいところは まだある。 硝酸塩還元筒が 標準装備されている事だ。

本来は、写真下のように 大がかりなものを 水槽に取り付けて 硝酸塩を下げるのである。
もちろん 大がかり なのは 言うまでもない。 水槽が大きい(大きい水槽まで対応している)から 硝酸塩を下げる装置も大がかりになってしまう。

LL_IMG_1654-12

かんたん槽の ろ過室には・・・こんな可愛い 硝酸塩還元筒がついている。
水量が25リットルのこのかんたん槽には ぴったりの 硝酸塩還元筒である。
IMG_3155

メンテナンスも この通り。 ろ過箱ごと そっくり 取り出せるので、3~4ケ月に1回 の 濾過槽のお掃除が
 ものの 30分・・・いや ・ゆっくりやったとしても 1時間以内には 終わってしまう。

IMG_3160

メンテナンスが やりにくいと・・・ どうしても メンテナンスを先送りしてしまいやすい。
メンテナンスが 先送りされてしまうと・・・・水槽の苔も異常に増殖するし 魚の状態も低下してくる。

実際に 弊店で 活躍中のかんたん槽が こちら。
ろ過箱が 右側に見える。
ろ過箱の下に ヒーターが・・・
ろ過箱の奥に モーターと 硝酸塩還元筒

IMG_3163

だから 水槽内が超すっきり。 レイアウトしてある 飾りサンゴ以外 水槽内には なにも ありませ~~~ン。

IMG_3181

でしょ。 濾過槽側に 目隠し青板(別売)を 取り付ければ さらに すっきり。
下記の写真は かんたん槽NK-45
水槽部分30cm 濾過槽部分15cm 合わせて 45cmである。

IMG_3182

こちらは、弊店で活躍している かんたん槽NK-90
水槽部分が60cm ろ過スペースは30cm 合計90cmである。
IMG_3174
IMG_3177
IMG_3178

かんたん槽の この ろ過スペース。 こんな使い方もできる。
いじめっ子の魚の 一時 隔離場所として・・・・・
イジメラレッコの 一時 避難場所として・・・・・ 大活躍のスペース である。
ただし、一度いれたら、濾過槽のメンテナンスまで その魚は 取り出せないからね。

IMG_3163